なんだか疲れた気がする。

うつ病とは

悩む男性

PR_Link6‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

PR_Link7‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

なぜうつ病になるのか

現代社会で患者数が増えてきた病気の中にうつ病が存在します。うつ病になる原因としてよく知られているのが、「精神的なストレス」です。現在社会はストレス社会だといわれるほど、多くのストレスを感じてしまう社会です。そのためにいかにしてストレスを発散していくか、これがうつ病にならないために一番必要なことだといえるでしょう。しかし、今までの生活をすぐに変えられることはできないので、簡単にはストレス解消は出来ません。ストレスの解消方法は人によって異なり、個人にあった方法を行っていく必要があります。無理にストレスを解消しようと頑張ってしまうと、余計にストレスを抱え込んでしまうことだってあるのです。そのようなことが起きないようにするためには、まずうつ病の原因についてもっと詳しく知ることと、自分がどのような人間であるかをしっかりと把握することです。自分を見つめなおし、どのようにしたいかを知ることがうつ病の予防に繋がっていきます。

うつ病になりやすい人

うつ病になりやすい人には特徴があります。うつ病になりやすい人の特徴として、真面目で責任感が強く、人当たりが良い、そして周囲からの評価が高いことが挙げられます。もちろんこの特徴に当てはまらない方もうつ病になる可能性はありますが、多くのうつ病患者はこの特徴に当てはまるのです。うつ病になりやすい性格のタイプは主に3つに分類することができます。循環気質、執着気質、そしてメランコリー親和型基質と呼ばれるものです。それぞれの特徴に当てはまる方は、自分の現状を確認し、ストレスが溜まっていないか確認しましょう。

原因となることについて

うつ病の原因をあげてみるとさまざまです。そのひとつをとりあげてみると、親子関係があげられます。とくに、幼少期の親子関係が、原因のひとつになっていることもあります。 うつ病になるには、なんらかの原因があるのです。ちいさな子供はとくに、親から愛されたい、認められたいと思うのです。父親も母親も厳格で完璧主義者であるときには注意が必要です。子供に必要以上に成果をもとめたり、厳しくすることで子供の自尊心を傷つけてしまうことがあるからです。それが大人になって、何らかの原因により、突発的にうつ病としてあらわれることもあります。 うつ病かなと思ったら、だれでも人と話すことで気分がよくなることもあります。電話での無料のカウンセリングもあります。これは、30分などと時間が決まっている場合が多いです。 もっと、カウンセリングをうけたい人は、心療内科にいくこともひとつの方法です。30分で2000円程度のところが多いです。

うつ病の特徴などについて

うつ病には原因が存在するといわれていますが、なぜ起こるのかという原因やメカニズムはまだはっきりとわかっていないのが現状です。これまでの研究でわかってきたことは、脳の中で感情をコントロールしている物質が原因のひとつということです。 だから、精神的や肉体的な疲労がたまると、脳の中で、感情をコントロールしている物質が刺激をうけて、気分が落ち込んだり、無気力状態になる症状があらわれるのです。そして、睡眠障害がおきたりもします。 うつ病になりやすいタイプの人もいます。真面目で、責任感の強いひともそれにあてはまります。また、環境が要因の場合もあります。落ち込むことや悲しみや不安からくるストレスを長時間抱えている場合や、体の歪みや姿勢の悪さも要因になるます。また、栄養不足や、太陽を浴びないことも原因になるのです。

PR_Link8‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

PR_Link9‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

PR_Link10‐サンプルサンプルサンプルサンプルサンプルリンク

精神的な問題

体の歪みからも

食生活でもストレス

環境の変化